クレジットカードの性格と活用方法

クレジットカードと聞くと借金というイメージを持つ人もいるだろう。
でもクレジットカードはうまく活用すればお得なカードなのだ。
種類によって還元方法は様々だが、ほとんどのクレジットカーは何かしらの還元がある。
ポイントで商品に交換できたり、商品券であったり、ポイントで買い物ができたりと色々ある。
自分にあった還元方法を選んで決まったカードをだいたい3枚ほど持っていれば網羅できるだろう。
カードの閉め日や、引き落とし日もそのカード会社によって様々なので、そのこともカード選びのポイントになる。
私の場合はよくいくお店と合体しているクレジットカード2枚と、アパレルショップのサービスが受けられるカード1枚で事足りている。
このお店の2枚とアパレルのカードの閉め日は異なっていて、引き落としも多少のずれがあるが、その点も急な支払いなどに役立っているひとつの要因である。
よく行くお店のカード2枚はクレジット機能を使わなくても、提示するだけでサービスが受けられる特典もついている。
このようにして、時と場合によって使い分けをうまくし、使用した領収書を管理することによって毎月決まった金額に使用を抑えることも可能だ。
領収書やカード会社のWEBサイトなどでいつ、どこのお店で何を買ったのかといった家計簿のような役割も果たすことができるのも特徴だ。
現金での支払いはレシートときちんととっておいて管理しておかないと何に使ったかわからないうちにお金はなくなってしまうこともよくある話だ。
そんなわずらわしい管理もクレジットカードでは簡単にできてしまう。
そしてそうこうしているうちに、ポイントもどんどん貯まっていって、商品券などとして還元されるのである。
このようにきちんと管理して使用すれば、現金を使って買い物をして家計簿をつけるよりも簡単に家計簿機能を果たすことができるのである。
また、持っているだけでお得なサービスを受けられるクレジットカードもあるので、主婦の方に必見です。
うまく機能を理解してしようすれば、借金という概念はなくなるだろう。

Copyright 2011 カードについて.com All Rights Reserved.