クレジットカードで公共料金を支払う

公共料金は、払込だとつい忘れてしまうことが多いためずっと銀行引き落としにしていました。
そうすることでもちろん払い忘れはなくなり、快適に過ごしていましたが最近、携帯代と固定電話の料金をクレジットカードで支払うように切り替えました。
携帯代については、携帯のキャリアが発行しているクレジットカードで引き落とすことにしました。
それを、指定のネットバンクから引き落とすようにするとポイントが通常の3倍貯まるようになり、さらにそのポイントは、次月以降の携帯電話の料金から差し引きできるようになるのです。
カードを作った当初には数千円分のポイントが付きましたから、その次の月の携帯電話料金も数千円引きでした。
それ以降は、毎月100円弱程度ですがポイントを利用して携帯電話の請求料金が安くあがっています。
またそのポイントは貯め置きして、次回の機種変更などにも使えるので、今は請求料金の充当という形で使っていますがためておくのもいいかもしれないと考えています。
固定電話の料金については、別のクレジットカードで引き落とすようにしています。
このクレジットカードは、100円分の支払いにつき1ポイントが貯まるので、固定電話とインターネット合わせて7000円分の支払いで毎月無理なく70ポイントが貯められるようになります。
このポイントはインターネット上等でこのカードを使って買い物をする際に使えるので買い物がお得になります。
このような経験から考えて、公共料金は単に通帳引き落としにするよりもクレジットカード払いにするほうが無理なく節約をすることができて便利です。
ここで注意してほしいのが、口座の残高不足によって引き落としができなかったとゆうことにならないようにしましょう。
これが何回も続くと信用が失われてしまう可能性があります。
クレジットカードの引き落としができなかった場合どう対処すればよいのかがこちらにかいてありますのでご覧ください。
またどのクレジットカードでもよいというわけではなく、一番還元率の良いカード、利用することで貯まるポイントの利用価値があるカードに公共料金の支払い指定をしたほうがよりお得になります。
クレジットカード払いを考えている人はお手持ちのカードの中でポイント還元率、利用価値の高いものを考えるか、それを機に新しいカードを作るようにするかと検討することが大切です。

Copyright 2011 カードについて.com All Rights Reserved.