クレジットカード利用時に気をつけたいこと

数え切れないほどの種類が発行されているクレジットカードを、日常的に便利に使いこなしている方は多くいらっしゃることでしょう。
私も、これまで作ってきた何枚かのカードを、その時々の生活スタイルに応じて、使い分けてきました。
しかしながら、便利なクレジットカードも、いくつかの点において注意が必要となります。
 私は1年に1回程度の頻度で海外旅行に行くのですが、クレジットカードのセキュリティについて、自然と注意のレベルが上がるようになりました。
スキミングという言葉をお聞きになったことはあるでしょうか。
カード情報が盗み取られ、勝手に使われてしまうスキミングは、海外での被害件数が日本国内の比ではなく、気をつけるに越したことはありません。
私の知人が被害に遭った例では、海外でキャッシングを利用したのですが、帰国後に、身に覚えの無い国でのキャッシング履歴が、請求書とともにカード会社から送られてきたということがありました。
これは、こまめに現金を引き出せる便利さから、海外旅行の際は頻繁にキャッシングを利用していた私にとっても他人事ではありません。
今ではキャッシングの頻度は減らし、支払いにはなるべく、セキュリティの強いICチップ付きのクレジットカードを利用しています。
さらに、最低限必要な額の現金については、なるべく日本から持って行き、ホテルのセキュリティボックスで厳重に管理するようになりました。
 また、海外ではもちろん気をつけたいのが、クレジットカードの盗難です。
日本で販売されている海外のガイドブックには、多くの場合、その国で多いスリの手口などについての注意が載っています。
インターネット上の最新情報と併せてこれらの情報を入手し、どの国でも年々手口が巧妙になっているスリから身を守りたいものです。
カードを盗まれてしまった場合、盗まれたことに気づいてカードを止める前に、犯人によってカードで高額の買い物をされてしまう被害例が大変多く報告されています。
 あってほしくはないことですが、万が一、スキミングやカードの盗難などの被害に遭った際には、まず、カード会社に連絡を入れましょう。
平均的な利用状況の自動監視システムを導入しているカード会社の中には、異常な利用とコンピュータが判断する支払い実績があった際に、カード保有者に速やかに確認の電話を入れてくれる会社もあります。
実際に不正の確認が取れれば、多くの場合、支払いは免除されますが、そんな幸運なケースばかりとも限りません。
海外で自分の身を守れるのは、基本的には自分だけです。
楽しみながらも十分に警戒することで、クレジットカードの便利な面のみ、引き続き享受していきたいものです。
クレジットカードが多く普及されるようになったのは良い反面、犯罪の魔の手も増えてきました。
この犯罪に巻き込まれないように、どのような手口なのかを知っておく必要があると思います。
自分は大丈夫!そう思っていてもいつ何が起こるかはわかりませんので、こちらのクレジットカードの悪用事例を是非読んでください。

Copyright 2011 カードについて.com All Rights Reserved.